スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
チャンピオン47号
表紙は米原先生の新連載「風が如く」。これぞ少年漫画誌!!って感じの素敵表紙です。
米原先生>アッキーナなのかしら。アッキーナ…オレンジチェック柄のパジャマなのに同系色の花柄の背景は見えにくくなるうえに太く見えるですよ。

今回初めて全作品の感想書きました。なんとなく。

【風が如く】
表紙も素敵でしたが、カラーページのゴエモンはんの脚の付根に釘付けでした。なんというエロコスチューム。サブタイトルの「疼く手を持つ男」は米原先生自身のことのようです。もっと!もっと漫画を!

えっと…面白かったので「面白かった!」以外の感想が見つからないです。
最初のほうのペダルもそうだったな…。


【ガキ】
ガキは本当に外れないですね。
みっちゃんもこうやって痩せたら…みっちゃんじゃなくなっちゃうね。


【バキ】
バキってシリーズ通して見てみても、キャラクターが死ぬって本当に無いですよね。他の格闘漫画と比べ割と激しいことしてるのに。キャラクターが死ぬ心配をしないで読めるあたり少年誌的なのかなぁ

…うん。絶対喰わないと思った。


【クローバー】
オチには笑った。この漫画は面白いのかもしれない。


【みつどもえ】
別記事⇒【チャンピオン47号】 みつどもえ 117卵性 「しゅびキャラ!」


【弱虫ペダル】
別記事⇒【チャンピオン47号】 弱虫ペダルRIDE 35 「個人練習 開始!」


【ギャンブルフィッシュ】
今回のギャンブルはギャンブルである必要がない(ギャンブルで生存する確立よりもさらに低い「変電所に落雷して停電」という奇跡的な確立の描写がメイン)から、そこまで突っ込むべきじゃないんだろうけど、やっぱトランプの赤?黒は画面映えしないですね。


【イカ娘】
栄子…空気にも程が…。可哀相な相関図だなぁ。
チャーハンって聞くと「この店のチャーハンを持って来い!」とか言ってた秋山君を思い出す。


【星矢LC】
必殺技の見開き、何語かと思った。縦読みならぬ横読みしそうだった。
カルディアの理屈からすれば、ラダマンティス災難過ぎる。


【東京リリカ日記】
飽きるねこのノリ。


【釣り屋ナガレ】
お嬢様見事なまでにまっ平らだな…そして髪の毛しまいきれてないのはいいのかしら。

お兄さん?お姉さん?の服に「Daiwa」とあるのは今回の取材協力が「ダイワ精工株式会社」だからでしょうか?と思ってググッたら有名な釣具メーカーなんですね~。

釣りって、魚の口に針を引っ掛けて釣上げるものしかイメージにありませんでした。体当たりしてきた魚のどの部分でも良いから、そのまま針を掛けるという発想が無かったので読んでて新鮮でした。


【ANGEL VOICE】
「古川鷹山 です ござる」

いやーそれはないっショ…。


【ヘレンesp】
ヴィクターいいなぁやっぱでかい犬はいいよね。
「バカ 君をおいて行けるか」にキュン…男前犬過ぎる。

オチが…ヴィクターが教えてあげるのかな…。。悪意の無い親切の所為で起こった悲劇。
遅かれ早かれオリンピアもチューリップとしての寿命があるだろうから、風邪をひいたヘレンの傍に居てあげることが出来て幸せだったかも…と思いたい。


【PUNISHER】
なんだか全ての演出が行き当たりばったりに見えるんです。シーンを描くのは楽しいんだろうなって思います。あと…ごめんなさいp14のエルの体が凄く気持ち悪いです。。


【ドカスパ】
山田(野球選手)的には敏子眠ったままの方が良いんだね。

寄稿文は素敵だなって思いました。王監督も、彼を思って書いた水島先生も。


【金縛っておくれよベイベー】
マスミツ可愛いなぁ。そして「3」の口…!
他のギャグ漫画よか全然面白いので再登場して欲しいです。


【D-ZOIC】
テトリが去り際に涙を浮かべたのは信じてたからだ。テトリの涙はユタがゴッロさんを殺したという誤解が生んだ涙だ。曲がった見方かもしれないけど、テトリの、その意味のある涙のための誤解ならいいんじゃないか、とも思ってしまった。まぁ一番は和解して欲しいけど。

ユタ…二部から読んでるので(一部読もう読もうと思ってもうこんなに時間が経った)、戦争の背景とか派閥とかがまったくわかりません。。ヒトモドキって何がどうしてヒトモドキ?


【バカの王子様】
前2回との違いがわかりません。。
気分としてはやっと終わった。。。


【マイティハート】
師匠可愛いね…!でも花柄トーンがめちゃくちゃ浮いて見えます。。
そしてやっぱりロリがロリに見えないよ…!


【ストライプブルー】
1ページ目のでぶ密度高いな!いいけど。

三島さんは相変わらずイケメンだな。そしてこうやって見るまであんまり思わなかったけど小柄なんですね。肝尾先輩が擬似的に萌えてしまう程に。平太に花ちゃんを重ねているアー坊を気持ち悪いと思ったけど、肝尾さんはその比じゃないですね。名は体を表してしまう。

ツーショット写真撮られたり、なんだかんだ特訓の成果出てたりして、とりあえず花ちゃんが報われたので嬉しい。花ちゃん…良かったね…!

肝尾先輩にどういう風に見られてるかは別として。


【荒神】
この漫画は雰囲気を楽しむ漫画なんでしょうね。いや、私の読解力がないせいだと思うんですが、結局よくわかんないで終わっちゃったというのが正直な感想です。


【ジャン!R】
なんか主人公の料理よりリュウジの料理の方が楽しみになってきました。リュウジの料理解説は、例えボロクソにけなされてもきっと楽しんで読めるはず。

Rになってからキリコちゃん優しいなぁ。彼女というよりお母さんみたいな優しさだ。


【現代怪奇絵巻】
裁ち鋏でハリガネ切られそうになったときは全力で怒ったわ。

スポンサーサイト
別窓 | チャンピオン感想(2008) | コメント:0 | トラックバック:0
200810271039
<<【チャンピオン48号】 弱虫ペダル RIDE 36 「ピークスパイダー」 | エビとエミコ | 【チャンピオン47号】 みつどもえ 117卵性 「しゅびキャラ!」>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| エビとエミコ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。