スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
辛辣可憐 ビターファンタジー 【ミス・ポピーシードのメルヘン横丁】
山本ルンルン@まんがタイムラブリー連載 全二巻。
いまは「まんがタイムラブリー」で「いとしのフェルナンド」を連載中です。

ミス・ポピーシードのメルヘン横丁 1 (1) (まんがタイムコミックス)ミス・ポピーシードのメルヘン横丁 1 (1) (まんがタイムコミックス)
(2007/08/07)
山本 ルンルン

商品詳細を見る

ミス・ポピーシードのメルヘン横丁 2 (まんがタイムコミックス)ミス・ポピーシードのメルヘン横丁 2 (まんがタイムコミックス)
(2008/10/07)
山本 ルンルン

商品詳細を見る

作品の舞台であるメルヘン横丁は、メルヘンなんて名前とは裏腹に暗くてうらぶれてて、行き交う人々も冷たい…。物語は田舎から服飾学校へ通うため上京してきた「マーガレット」が、その横丁にあるおんぼろアパートへ越してくるところから始まる。
マーガレットはそのアパートにタダで入居する。勿論タダより安いものは無く、管理人である世間知らずなお嬢様の変わりに、アパートの雑務をするという条件付きで。
そんな曰くつきアパートでマーガレットを迎えるのは、アパートの管理人でヘビースモーカーの魔女「ポピーシード」・ねずみの姿の老紳士「ベルガモット」・食いしん坊の「ユーレイ」とクセのある人外ばかりで…。


魔女であるポピーシードを頼って来る相談者や、マーガレットが服飾学校で出会う人たちが、ポピーシードのちょっぴりの魔法に出会うと…?
不思議の世界が引き立てる『人間のリアル』。
欲望とか偽善とか見栄とか、見返りを求める心とか誰にでもある心の綺麗とはいえない部分が、キュートな絵柄でシニカルに淡々と描かれています。

切なくてじんわりとする。ただのブラックユーモアではありません。
今回もちゃんとしっかりとルンルンワールド。可愛いや面白いだけでは終わらない、読者の心に「なにか」が残る物語です。

個人的なお気に入りは一巻からは『たばこすわせろ』、二巻は…全部面白いです。
山本ルンルンの既刊を知ってる人なら、二巻の『エキゾチック・バザール』はスミからスミまで楽しめると思います。

これ超面白いよ!マジオススメ!と大きな声で推薦はできないし、したらいかん気がする作品です。が、ルンルンの絵柄が気になったり、メルヘンチックが好きだったりする人は読んでみたらいいじゃないの…!きっといいことあるよ。

スポンサーサイト
別窓 | レビュー | コメント:0 | トラックバック:0
200811150618
<<シリウス12月号 | エビとエミコ | チャンピオン50号>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| エビとエミコ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。