スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
本屋と万引き犯
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080424-OYT1T00483.htm

少し前の話題になりますが、本屋の万引き被害について思ったことを書こうと思います。
完璧に自己満足な上に多少言葉が荒くなると思うので、それでもいいのよって方は続きからどうぞ。

※めっちゃ長い上に拙い文で申し訳ないんですが、出来れば読んで欲しい…です。
私は書店でバイトをしています。もうかれこれ二年半くらい。
実際に万引き犯を自分の店で捕まえたりしたことは無いのですが、盗られた痕跡を見つけたり怪しい子をマークして未遂にしたことは何度かあります。でもその程度で、正直ウチの店は防犯意識薄いと思います。平和ボケしてるというか。。

ウチの店長は二店舗兼任していて(エライ訳じゃなく人員不足らしい)、一日のうちに二つの店を行ったり来たりかなり忙しくしています。その店長がもういっこの店の方に万引きGメンを入れたんだそうな。

入れたその日に4000円の万引き犯捕まえたって。。

その日はウチの店自体がとても忙しくって、店長にラストまで残ってもらう予定だったんだけど、警察呼ぶからもういっこの店に行かなきゃなんなくなったのです。

でもなんやかんやで19時までウチの店残ってくれたのね。
そしたらもういっこの店から電話が。

店長「今度は一万円相当だって。。店任せて平気だよね…?」

そう言い残し店長はもういっこの店に行きました。。。

確かその日はコミックスの発売日だったか五十日だったかで凄い忙しかったのね。
発売日だから普通にレジ混むし、返品も山ほどあるし、webで発売日のコミックスの追加注文出さないといけないし、忙しいときに限って(有難い事なんだけど)お得意様の怒涛の注文を受けるし、いっぱいいっぱいでした。

二重の意味で万引き犯に殺意が沸きました。いや殺意って程じゃないけど。


で、次に店長とシフト一緒になったときに(閉店後に)万引き犯がどんなだったか聞いてみたんです。

店長「4000円の方はねー17歳の女子高生だったよ。一回で4000円だから多分初犯じゃないんだろうけど、、今回の件で(捕まったのは初めて)更正してほしいね…」

「イマドキの女子高生怖いですね。。」

一度に4000円って普通に買っても重いですよね。新書コミックス10冊ですよね。新刊だと一冊300円くらいで買ってもらえるから、彼女は3000円くらい欲しかったんだろなぁ。股開いたほうが手っ取り早いんじゃねーの? 普通に時給650円でも5時間働けば3250円だっつの。

店長「でさ、聞いてよ一万円の方はね32のニートだったんだよ!!もう し/ね ばいいのにって思った。話聞いてたらそいつ23以降一度も働いたこと無いんだって。親が食わせてるってことだよな。親も悪いっつか32ってマジでありえないよね…!」

「し/ね ばいいは言いすぎですよ~。でもそいつの吸ってる空気勿体無いッスね^^」

ニート。。。今度はママにお小遣いもらってから本を買いに来ようねぇ。まぁお小遣い貰えなかったから換金目的で盗ったんだろうけど。。。つーか万引きする勇気(こんなものを勇気と呼びたくないが)があるんなら社会に出ろ。


その日、版元返品じゃない返品(直販っていうのかな?)を教えてもらって本屋がいかに儲からないかが身に沁みたんです。

ちょっと脱線しますが、本屋においてある本のほとんどは版元返品です。ご存知の方も多いと思いますが、本屋は本を《委託販売》しているんです。だから売れなくなった本をいつまでも並べておいては販売スペース(商売のチャンス)を潰すことになるので返品するし、売れ行きの良い商品は棚が空かないように発注もするんです。それを決められた返品期間の中でやりくりするんです。週刊誌のバックナンバーを本屋が置かないのもそれが理由です。確か週刊誌は(出版社にもよるんですが)45日以内。

で、返品は輸送費かかるんですよ。商品のチョイスが上手い店は、単純に販売率が高くて、返品率が低い訳です。ちなみに返品率が高いと輸送費で損するだけでなく、版元さんに舐められ信用されなくなります。具体的どうなるかってーと次回以降の搬入数が減ってしまうんです。せっかく本を置かせてやってるのに売れずに返ってくるなら最初から送んねーよということなので仕方の無いことなんですが。

最近はメディア化商品多いので、コミックの平台のほとんどがドラマ化・アニメ化商品ですね。放送よりかなり前に発注かけるので、ドラマが不発だと棚が死にます。ウチの店は[働きマン]と[デルトラクエスト]が仕掛けても全然売れなかった。まぁこの辺は棚担当の腕しだいなのでなんとも言えませんが。


ええと、話を元に戻すと、直販の返品してるときに本の卸値を見たんですよ。

1000円で販売してる本⇒740円くらいだったかな?

1000-740=260です。

分かりやすく1000円にしたため消費税とか入ってるので厳密にはもっと利益少ないのですが。極端に数字弱いので間違ってたらごめんだけど、利率1.35%かな?

まぁ他の本もこんな感じなので、コミック4000円分盗られたら、その4倍売ってやっとマイナスを埋められるんです。16000円です。ドラゴンボール大人買いしてくれないとプラマイ0にならんのです。(4000円売った際の利益1040×4=4160)

やってらんねえ

本屋終了のお知らせです。まぁ今の御時世ネットでも本買えるんで本の販売が無くなるってコトは無いんだろうけど、発売日に、すぐに手にしたくて書店買いに行くってことは出来なくなるんでしょう。

まーね、本屋は利益薄い⇒従業員の給料安い⇒人が集まらないどころか辞める人多い⇒一人当たりの業務が増える⇒主にレジにしか居られないから死角が多くなる⇒万引きしやすい状況…って言う風になっちゃったんだろうから盗られるのも仕方ないのかもね。

こっちは盗られること前提で本置いてる訳じゃないんだけどね。。。

働いたお金で自分の欲しい本を手に入れたほうが、嬉しいし本に愛着が沸くと思うよ。
…っていう言い方では意味無いんだよな。今の万引き犯が欲しいのはその本を売って得るお金だから。。。結局まぁ働けってことですよ。

古本屋は自分も買ったり売ったりとお世話になってるので無くなって欲しいとは思わないんですが、今の買取形態をどうにかしてほしいなーとぼんやり思いました。古本屋なんだから古い本売ろうよ。例えば発売から一年経ったものしか買取しないとか。新刊書籍買い取るときはすっげえ面倒くさいけど、買った時のレシートを一緒に見せないと買取しないとか。

悪いのは古本屋じゃないし論点ズレまくりなのでこの点に関してはあんまり追求しないけど。

古本屋で買うと作家さんのお給料にはなりません。その本が、作家さんが好きだったらなるべく書店で買いましょう。きっと作家さんにも、その作家さんを好きな自分自身にとってもプラスになるはずです。読者アンケと一緒です。作家の未来を(ツテ以外で)作るのは読者なんですから。

本屋業界が潰れたら、作家も出版社も発表・販売する場が無くなるのでみんなが大好きな漫画も読めなくなります。漫画が好きな万引き犯は万引きすんのやめようね。いやどんな万引き犯も万引きすんなって話なんですが。

万引きは窃盗なんだぜ。

窃盗罪なんだぜ。

前科付いちゃうかもしれないぜ。(←このへんはよく知らん)

スポンサーサイト
別窓 | 無駄日記 | コメント:0 | トラックバック:0
200804270135
<<マイティハートの二巻れびゅー | エビとエミコ | チャンピオン20号>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| エビとエミコ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。